2012年06月29日

動画 vs 静止画

dush.jpg

人類の歴史は大変長いものです。その中で、人は物事を後世に伝えるため(とは限りませんが)時代背景を文章や壁画で伝えようとしてきました。
最初は単色だったものがいろいろな色を使用するようになり、芸術の文化が生まれ、絵画になり写真になり動画になりました。進化の過程から最終(現時点では)の動画がこの時点で勝利していると思うのですがみなさんの意見はどうでしょう?

という事で、今回は動画VS静止画(写真・画像)を検証してみます。(独断と偏見です)



《芸術性》
芸術性と一言で言いましても、千差万別です。私の個人的な意見を踏まえ、どのような芸術性があるのかを比較してみたいと思います。まずは、芸術性を見てみましょう!(個人差があると思いますが、今回はという事で)

「静止画」
写真の場合は、その一瞬の出来事をおさめ、止まった時間を表現しています。時間を止めるというのは、現代技術でも不可能なことで、それを可能にしている静止画はすごいです。絵画や、画像でいいますと、頭の中のイメージを投影できる静止画は優れているといえるでしょう。また、1枚の静止画にたくさんの芸術的情報を組み込める点は、ザ・芸術と思います。

「動画」
動画の場合は、その時に起こっている出来事を丸ごと記録でき、情報量はピカイチです。静止画は時間を止めるのに対して、動画は過去を再生することができ、おおきくいうのであれば、「タイムマシン」過去をさかのぼって覗き見ることができるのです。奇跡だと思いませんか?何気なく見ている動画は、誰かの過去であって、それを動画という宇宙の様な情報量を得ることができるのです。表現・表情をリアルに写せるドラマ、映画は、技術的にも、表現的にも人類の集大成の芸術と言えるでしょう!


勝者は?
はっきり言いまして、勝敗はつけがたいです。今回の観点で言いますと、静止画では頭の中のイメージを自由に表現できるとご説明したのですが、動画もCGでの表現でいえばそれを圧倒するでしょう。何より、動画は3Dでも見れるようになりましたので体感する感動は圧倒的に動画です。映画は2時間見れますが、写真を2時間みれますか?芸術性は動画が勝っているといえるでしょう!(完全な独断と偏見です)

 

《携わる人々》
静止画と動画は大変な時間と労力を使って作成するのは皆さんご存知の事。その過程の中で、たくさんの人の協力があり、そのおかげで静止画・動画が出来上がっています。静止画と動画を作成するにあたって、どのような人たちが携わるのかを見ていきましょう!

「静止画」
まず、絵画を描くのであれば、画家、モデルは当然必要です。写真でも撮影者、モデルとおねじですね!他には、絵の具を作る人、キャンパスを作る人、筆を作る人と関係者は出てくるのですが、そういう人たちは外しておきます。きりがないですからね。あとは・・・・・他にいますか?作成者の感性で表せる静止画は、作成者の手で作られている作品がほとんどですね。

「動画」
静止画と同じように、撮影者、モデルは必要です。しかし、映画などでいうと、監督、演出、脚本、効果、音響など他にもたくさんの人がかかわってきます。
基本的に1人で作成する静止画とは異なり、多くの人が1つの作品を完成されるのです。


勝者は?
携わる人々で言いますと、圧倒的に動画が勝っていると思います。(あくまでも独断と偏見です。)
1人の思いを作品にするのと、大勢の思いを作品にするのでは、その作品の深みも増してくるはず。
多くの方が携わってできている動画は、完成度も高く、人々を楽しませるプロフェッショナルと言えるでしょう。



《今回の検証の結果》
今回の内容を見ますと私の中では、圧倒的に動画の勝利ではないかと確信しております。静止画も、動画も、誰もが目にしているものですが、情報量は動画が豊富にありますし、何より、動画を日常的に見ている人が多数だと思います。毎日静止画をみるという方もいらっしゃいますが、動画は万人に近いです。現代科学の結集ともいえる動画は今後も進化していくでしょう!私は楽しみで楽しみで長生きしたいです。今回は動画の勝利とさせていただきます!(何度も言いますが独断と偏見です)


今回の結果に納得がいかないという方は次回のブログ更新を楽しみに待っててください↓

☆予告「静止画VS動画」☆
動画vs静止画 を書いて平等さが足りないと思い、幼稚園で全員が主人公かのように、かけっこは全員で手をつないでゴールするかのように、静止画を勝利すべく静止画目線で書きます(平等のためです)


Fujibaba.comではあなたが作成した静止画・動画をダウンロード販売できます。
静止画、動画をもっともっとFujibaba.comで楽しみましょう!

Fujibaba.comにアクセスしてみようと思った方はコチラをクリック!!
posted by Fujibaba at 03:00| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。