2012年07月06日

自作のおもしろ動画が販売できる?

a1620_000058.jpg

こんなことってありませんか?

火遊びをしていたら友達の髪の毛に火がついて思わずキャンプファイヤー!と叫んでしまったり、富士山を登山していたら、Tシャツ短パンで登山をしている人に礼儀よく挨拶されたことや、クオリティの低いコスプレで某マ〇オブラザーズをリアルに再現してみたりと・・・

ちょっとおもしろい出来事は山のようにあります。
上記の内容は私の経験談です(笑)

こんな時に、動画を撮影していると、何度見返しても楽しめる動画ですよね。
何気ない動画ですが、このようなおもしろ動画もFujibaba.comではダウンロード販売できちゃうのです。

おもしろい動画を楽しんでもらうために販売するのはもちろんのことです。
どのような動画でもダウンロード販売できます。


・・・・・まだ説得力が足りないですか?
上記の動画がダウンロード販売できるなんてと思ってらっしゃいますか?
それでは、上記の4つの例を元に具体的にご説明していきます。


「火遊びをしていたら友達の髪の毛に火がついて思わずキャンプファイヤー!と叫んでしまった動画」

この動画は様々なメッセージ性があります。

・火遊びは危ない
・バーベキューや花火をする場合は、消火用の水を用意が必要
・キャンプ場以外でキャンプファイヤーをしたら危ない
・緊急事態には、人は大声で叫べる

などなど
これをおもしろく動画を見るだけではなく、いろんな事に活用して見ますと、

・火遊びはしてはいけない事を伝えるように編集して広告で伝えれる
・水の大切さをアピールする広告ができる
・キャンプ場に来ちゃいなよと広告できる
・ボイストレーニングや、あいさつや返事は大きな声で誰でも言える事を伝えれる

どうでしょうか?
おもしろ広告の完成です!

必要としている企業・団体で表しますと、

・警察、消防
・水周りの設備業者、ミネラルウォーター販売業者
・アウトドア業者全般
・求人募集業者、音楽関係業者

以外とありますよね(笑)


「富士山を登山していたら、Tシャツ短パンで登山をしている人に礼儀よく挨拶されている動画」

この動画もホントにダウンロード販売できるの?と、思いますか?
先ほどと同じようにメッセージ性を見出すとこうなります!

・危険な事はしてはいけない
・逆に、人間やればなんでもできる
・礼儀、礼節は大切
・安くていい服はいっぱいありますよ
・逆にいい服ならば薄着でも暖かい
・服なんかよりも靴がいいんです

拾い出せばいっぱいあります。
皆さんの今のご職業でもあてはめれば出てくる方も多いはずです。

必要としている企業・団体で表しますと、

・警察、消防
・モチベーションアップを目的とした企業、団体
・求人募集企業、社員教育企業
・アウトドア業者全般
・アパレル系全般
・ブランド企業

どうでしょうか?まだまだありますよね!


「クオリティの低いコスプレで、某マ〇オブラザーズをリアルに再現した動画」

さすがにこれは・・・メッセージ性が出るでしょうか?

・演技は衣装ではない
・コスプレするならクオリティの高い衣装を着ましょう
・動画撮影の楽しさをアピール
・リアルにするより、ゲームでしたほうがおもしろい
・ジャンプをするスポーツ全般にまだ高く飛べると訴える

必要としている企業・団体で表しますと、

・演劇、芸能系企業、団体全般
・コスプレ衣装販売業者
・ビデオカメラ機器のメーカー、販売業者、Fujibaba.com
・ゲーム関連企業全般
・スポーツ関連業者、団体、クラブ等々

そしてすべてに当てはまるのは、TV関係です。
おもしろ動画であなたの動画がTVで流れる可能性が増えます!
ただ面白いだけではありません。
色んなことに使えますよね!

もちろん、楽しむために動画をダウンロード販売・購入するのも当然です。
このような動画を求めている方も多数いるのです。
購入した製品をそのまま活用する方もいれば、それを元に新しいものをリメイクする方もいます。
動画の活用方法はまだまだ未知の世界も多いです。
Fujibaba.comより、新しい動画の活用方法を広めていければと思います。


Fujibaba.comでダウンロード販売を開始するには、

・無料で会員登録
・無料でダウンロード販売製品を作る

これだけです。

販売した後は、FacebookやTwitterでみんなに広めて後は購入を待つのみです。


1度でいいから試してみたい!Fujibaba.comでした!

☆いますぐFujibaba.comへアクセス☆

posted by Fujibaba at 07:31| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

時代はエコ!だからこそダウンロード販売!

節電!
クールビズ!
観葉植物を購入してみる!!?

時代はエコを求めています!
エコで一番力を発揮するものは・・・衣、食、住にあります。
今回は、原始時代よりものはるか昔にはたぶん使われていなかった「衣」についてです。

o0481032112060597103.jpg

「衣」でのエコといえば、冒頭で申しました、クールビズ(ウォームビズ)ですね!
涼しい格好をして、節電をする為に設けられたエコ文化ですね。
今回は、それよりももっと深いところに着眼点を置いてみました。

洋服工場です!
工場というだけあってCO2排出量などは多いはず!(あくまで予測です。)
工場を停止するわけにもいきません、しかし、洋服がないと恥ずかしすぎますよね・・・

ですので、
洋服をハンドメイドしてみましょう!
節約にもなりますし、一石二鳥です。

ここで活躍するのが・・・
洋服の型紙なんかがあったらいいですよね!

そうです。
ダウンロード販売できちゃうのです。


型紙をPDFなどで保存して、
販売するだけです。
サンプルで完成品を載せとくとわかりやすいですね!

洋服の型紙は、無数にあり、同じ洋服でも、サイズによっては型が変わってきますよね!
ダウンロード販売で洋服の型紙があったら・・・・いろいろと、つい買っちゃいますね。
買う人もうれしいが、販売する人もうれしい洋服の型紙のダウンロード販売!

Fujibaba.comで募集してますのでよろしくお願いいたします!
知り合いに、洋服を作成する人、できる人がいる場合はお願いしていただけると助かります!

エコと「衣」とダウンロード販売のFujibaba.comのコラボでした!

posted by Fujibaba at 17:13| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

漫画を書ける人はすごい!だからこそダウンロード販売!

漫画を読んだことがないという人はいないのではないでしょうか?
それは、日曜日のサザエさんを1度も見たことがないのと等しいでしょう!
今回は、漫画をピックアップしてみたいと思います。

o0481032112062063465.jpg

漫画はすごい事を今一度確認したいと思います。
漫画喫茶はよく耳にしますよね!

文庫喫茶は?
雑誌喫茶は?
・・・・

もうおわかりですか?

漫画は特別視されているのです。
文庫よりも雑誌よりも世間全体で興味があるのは漫画という事です。

漫画は、たくさんの人により思いが形になり、本として見ることができています。
しかし、売れっ子の漫画家さんがザクザクと何百人も出てはきません。
書いている人は多いのに出版されるのはごく一握りの方なのです。

もっといろんな漫画を見てみたいという方も多いのではないでしょうか?
そこで、活躍するのが・・・
漫画喫茶と肩を並べる兄弟分・・・
インターネットカフェです。

インターネットは世の中をコンパクトにまとめた小世界です。
漫画とインターネットのコラボレーション・・・
これこそがダウンロード販売なのです。

作った作品を世界の皆さんに見てもらうためにインターネットが便利です。
そこで活躍いたしますのがFujibaba.comです。
デジタルコンテンツのダウンロード販売ができるのでよろしくおねがいします。

ちょっと宣伝もさせて頂いたのですが、個人で漫画を描いている方の作品を見ると・・・
意外と面白いものが多かったりします。

世の中に出回っていない作品がもっともっと出てくると楽しいですね!
漫画家&漫画家の卵のみなさん!
素晴らしい作品をまってます!!
posted by Fujibaba at 21:53| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

本を販売したい!!

a0002_006919.jpg

本を販売したい!
と、思ったことがある方はいませんか?

小説、漫画、ビジネス書、参考書などなど・・・自分の方が上手く書けるなんて思ったことはありませんか?(言いすぎですかね(笑))

本を販売するには、大きく2パターンあります。

・自分で出版社に依頼して出版
・出版社からの執筆依頼での出版


自分で本を出版するのは大変です。何といってもお金がかかります。いろいろ諸経費も合わせて何百万なんてこともあるとかないとか。
出版社からの執筆依頼はもっと大変です。色んな意味で有名になるか、成功者にならないとまず依頼はないでしょう。


本を出版するのは大変ですね〜

しかし!

しかし!

しかし!

デジタル書籍(電子書籍)の場合はどうでしょう?
執筆は個人の自由にでき、PDFで保存すれば簡単に本が完成されます。
本を書けないという方もこれなら簡単です。なぜかといいますと・・・自分のブログをカテゴリーに分けて出版なんてこともできるのです。

私は、妄想癖が強いために、勝手な物語を頭の中で作ったりもしますが・・・・文章や絵にして、出版ができるのです。

Fujibaba.comでは!できるのです!

自由な作品をどんどん作って、もしくは、もう作成したがそのままにしている作品をFujibaba.comでダウンロード販売してみましょう!


☆今すぐFujibaba.comにアクセスする☆

posted by Fujibaba at 17:13| Comment(2) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダウンロード販売を利用しよう!

a0002_007868.jpg

今回の内容は、Fujibaba.com内での話をさせて頂きます。

という事で、ダウンロード販売をしてみましょう!
・・・いきなり言われても何を販売するの?という人も多いと思います。
Fujibaba.comでは、データであれば何でも販売できます。


・何気なく撮影した動画や写真も
・意味もなく作ったイラスト
・趣味で書いた漫画や小説
・自分用のツールやゲーム
・文章のテンプレート


などなど


何でも販売できるのです。

例えば、今パソコンに入っている皆様のデータがそのまま販売できます。簡単にできます。
条件は、、、ファイルの名前は半角英数字で!くらいです。
誰でもできます。しかも、販売して得たポイントは1ポイント=1円で交換できます。
アカウント登録して販売して報酬を得る。無料です!

どんどんダウンロード販売してみましょう!


Fujibaba.comでダウンロード販売
posted by Fujibaba at 01:23| Comment(0) | サイト説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

静止画 vs 動画

a0950_000130.jpg

人類の歴史は大変長いものです。その中で、人は物事を後世に伝えるため(とは限りませんが)時代背景を文章や壁画で伝えようとしてきました。
最初は単色だったものがいろいろな色を使用するようになり、芸術の文化が生まれ、絵画になり写真になり動画になりました。太古の昔から存在している静止画がこの時点で勝利していると思うのですがみなさんの意見はどうでしょう?

という事で、今回は静止画(写真・画像)VS動画を検証してみます。(独断と偏見です)


《歴史の古さ》
動画や静止画は、気が付いたらあったわけではありません。誰かが、意図したことで発生したものです。では、動画や静止画にはどれほどの歴史の古さがあるのか比較してみましょう!

・動画
動画の歴史は、1830年代ごろから発生し、当時は数分の映画を投影できる程度でした。それから約200年近くたった現代では3Dの動画も当たり前のようになってきましたね。動画自体に情報量が多く、様々な内容を受け取れるのは動画のいいところです。歴史的観点で言いますと、まだまだ浅いですが、この先の行く末が楽しみです。

・静止画
静止画の歴史は古く、人類最古の壁画は今から約4万年前の後記旧石器時代までさかのぼります。人が石で斧などを作っていた時代から存在するのです。静止画の歴史が約4万年ならば、動画の約200年程度の歴史に比べると、まだまだ寝返りもできない赤ちゃんも同然です。また、約4万年前の壁画が残っているところもすごいところですよね!動画は果たして約4万年に残せるのか?見れるのか?圧倒的な存在感ですよね。

勝者は?
歴史的観点で言いますと、圧倒的に静止画でしょう!(独断と偏見です)約4万年も昔から、人々は静止画にして残したいものがあったのですから。近年では、写真、画像も身近になりましたが、身近で言うならばTVなどの動画かもしれません。しかし、静止画を見る時はどうでしょう?美術館で絵画を見る場合は、大半の方は日常ではありませんよね。だからこそ、静止画を見るときは「特別」なのです。そういって意味でも静止画の勝利だと思います。(独断と偏見です)

 

《イマジネーション》
動画や静止画を見ると考えることはありませんか?この作品の背景は?どのような気持ちなのか?この後の展開はどうなるのか?誰もが想像するところだと思います。動画と静止画での想像力の違いを比較してみましょう。

・動画
動画で一番イメージする事、それは、映画の展開が一番わかりやすいと思います。このシーンの後にはどんな展開があるのか、結末はどうなっているのか、気になりますよね!また、俳優さんや女優さんの表情から、どのような感情が発生しているのか、セリフの一言一言で、展開を読めなくして想像力を働かしたりと多彩にあります。1つの物語を楽しむには動画がもってこいですね!

・静止画
動画と違い、音も、声も、その後の展開も、何もかもわからないのが静止画だと思います。例えば、モナリザの絵を思い浮かべてください。あの女性は、なぜモデルになったのか、あの表情はどのような事があって微笑んでいるのか、レオナルド・ダ・ヴィンチは何を思いながら書いたのか、なぜあの場所なのか、書いた後どうなったのか、わかる方はいらっしゃいますか?わからない事だらけです。では、想像をしてみてください。先ほど述べた内容にそって想像してみたらどうでしょう?十人十色の展開があるはずです。どんなことでも想像できます。静止画にはこのような楽しみ方もあるのです。

勝者は?
動画と静止画は、どちらもイメージがわいてきます。いろんな想像の仕方があると思います。しかし、先ほど述べた内容で言いますと、静止画の方が限られた情報量の中で、大きな想像を膨らますことができるはずです。数式に例えると、動画が1+1=〇、静止画が〇+〇=2、といったところでしょうか?教育的にも静止画の方が圧倒的に想像力豊かなお子さんになるはずです。(独断と偏見です)イマジネーションを豊かにしてくれる勝者は静止画に軍配があがったと言っていいでしょう!

 

《今回の検証の結果》
今回の内容を見ますと、私の中では圧倒的に静止画の勝利ではないかと確信しております。静止画は、私たち人類になくてはならない存在だからこそ約4万年前より存在し、これからもそれは変わらないでしょう。静止画は、その「時」の「一瞬」を残すことができるので、人は特別視してみると思います。川の流れも、水滴がはっきりと見える「一瞬」をとらえるだけで、世界観が変わります。一枚の静止画としてしか情報量が無いにも関わらず、逆に、それだからこと、人々は静止画に対して、「特別」な存在として、無意識のうちに認識しているのかもしれませんね。(独断と偏見です)



今回の結果に納得がいかないという方はこちらをご覧ください↓
動画 vs 静止画


Fujibaba.comではあなたが作成した、動画・静止画をダウンロード販売することができます。
あなたの「特別」をダウンロード販売で広めるのも1つの手ですよ!

!!今すぐFujibaba.comを利用してみる方はコチラをクリック!!
posted by Fujibaba at 23:39| Comment(3) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

動画 vs 静止画

dush.jpg

人類の歴史は大変長いものです。その中で、人は物事を後世に伝えるため(とは限りませんが)時代背景を文章や壁画で伝えようとしてきました。
最初は単色だったものがいろいろな色を使用するようになり、芸術の文化が生まれ、絵画になり写真になり動画になりました。進化の過程から最終(現時点では)の動画がこの時点で勝利していると思うのですがみなさんの意見はどうでしょう?

という事で、今回は動画VS静止画(写真・画像)を検証してみます。(独断と偏見です)



《芸術性》
芸術性と一言で言いましても、千差万別です。私の個人的な意見を踏まえ、どのような芸術性があるのかを比較してみたいと思います。まずは、芸術性を見てみましょう!(個人差があると思いますが、今回はという事で)

「静止画」
写真の場合は、その一瞬の出来事をおさめ、止まった時間を表現しています。時間を止めるというのは、現代技術でも不可能なことで、それを可能にしている静止画はすごいです。絵画や、画像でいいますと、頭の中のイメージを投影できる静止画は優れているといえるでしょう。また、1枚の静止画にたくさんの芸術的情報を組み込める点は、ザ・芸術と思います。

「動画」
動画の場合は、その時に起こっている出来事を丸ごと記録でき、情報量はピカイチです。静止画は時間を止めるのに対して、動画は過去を再生することができ、おおきくいうのであれば、「タイムマシン」過去をさかのぼって覗き見ることができるのです。奇跡だと思いませんか?何気なく見ている動画は、誰かの過去であって、それを動画という宇宙の様な情報量を得ることができるのです。表現・表情をリアルに写せるドラマ、映画は、技術的にも、表現的にも人類の集大成の芸術と言えるでしょう!


勝者は?
はっきり言いまして、勝敗はつけがたいです。今回の観点で言いますと、静止画では頭の中のイメージを自由に表現できるとご説明したのですが、動画もCGでの表現でいえばそれを圧倒するでしょう。何より、動画は3Dでも見れるようになりましたので体感する感動は圧倒的に動画です。映画は2時間見れますが、写真を2時間みれますか?芸術性は動画が勝っているといえるでしょう!(完全な独断と偏見です)

 

《携わる人々》
静止画と動画は大変な時間と労力を使って作成するのは皆さんご存知の事。その過程の中で、たくさんの人の協力があり、そのおかげで静止画・動画が出来上がっています。静止画と動画を作成するにあたって、どのような人たちが携わるのかを見ていきましょう!

「静止画」
まず、絵画を描くのであれば、画家、モデルは当然必要です。写真でも撮影者、モデルとおねじですね!他には、絵の具を作る人、キャンパスを作る人、筆を作る人と関係者は出てくるのですが、そういう人たちは外しておきます。きりがないですからね。あとは・・・・・他にいますか?作成者の感性で表せる静止画は、作成者の手で作られている作品がほとんどですね。

「動画」
静止画と同じように、撮影者、モデルは必要です。しかし、映画などでいうと、監督、演出、脚本、効果、音響など他にもたくさんの人がかかわってきます。
基本的に1人で作成する静止画とは異なり、多くの人が1つの作品を完成されるのです。


勝者は?
携わる人々で言いますと、圧倒的に動画が勝っていると思います。(あくまでも独断と偏見です。)
1人の思いを作品にするのと、大勢の思いを作品にするのでは、その作品の深みも増してくるはず。
多くの方が携わってできている動画は、完成度も高く、人々を楽しませるプロフェッショナルと言えるでしょう。



《今回の検証の結果》
今回の内容を見ますと私の中では、圧倒的に動画の勝利ではないかと確信しております。静止画も、動画も、誰もが目にしているものですが、情報量は動画が豊富にありますし、何より、動画を日常的に見ている人が多数だと思います。毎日静止画をみるという方もいらっしゃいますが、動画は万人に近いです。現代科学の結集ともいえる動画は今後も進化していくでしょう!私は楽しみで楽しみで長生きしたいです。今回は動画の勝利とさせていただきます!(何度も言いますが独断と偏見です)


今回の結果に納得がいかないという方は次回のブログ更新を楽しみに待っててください↓

☆予告「静止画VS動画」☆
動画vs静止画 を書いて平等さが足りないと思い、幼稚園で全員が主人公かのように、かけっこは全員で手をつないでゴールするかのように、静止画を勝利すべく静止画目線で書きます(平等のためです)


Fujibaba.comではあなたが作成した静止画・動画をダウンロード販売できます。
静止画、動画をもっともっとFujibaba.comで楽しみましょう!

Fujibaba.comにアクセスしてみようと思った方はコチラをクリック!!
posted by Fujibaba at 03:00| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

動画って売れるの?

t02200146_0481031912050545861.jpg

今回のテーマはこちら!

「動画って売れるの?」

こんな概念がない方がほとんどだと思います。
動画・静止画・ファイルのダウンロード販売・購入を大きく掲げているFujibaba.comでは、動画はダウンロード販売するものなのです。


動画といっても様々な分野があります。例えば、

・映画
・ドラマ
・アニメ
・ホームムービー
・奇跡の瞬間(意図的な動画の撮影)

などなど、簡単にあげるだけでもさまざまあります。
今回はこの例えの内容を具体的にご説明してみたいと思います。


・映画

説明いらずでわかる内容だとは思いますが、想像通りの映画です。しかし、Fujibaba.comでダウンロード販売をするとなると話は変わってきます。ダウンロード販売できる商品は、自分に著作権がある著作物でないと、著作権の侵害になっていしまいます。つまり、愛好会やサークル、映画監督を目指し、自作で映画を撮影している人がダウンロード販売できるのです。内容はさまざまあると思います。仲間内で撮影した10分間のショート映画であったり、しっかりとした演出などもした2時間映画であったりと、作成する方によって変わってくるはずです。ダウンロード販売する方は、どんどんFujibaba.comでダウンロード販売していただき、アピールしていただければと思います。購入する側も、こういったダウンロードできる動画があると楽しめますね!


・ドラマ

こちらも映画と内容はほぼ一緒ですね!自作でドラマを撮影していたりする場合は、Fujibaba.comでダウンロード販売できますよ!内容が映画とかぶりすぎるので、ドラマに関しましては割愛させていただきます。


・アニメ

アニメを作成されている方は多くいらっしゃると思います。原作があるアニメをパロディ風に作り変えたりしているアニメも多々見ますが、これは著作権法の侵害になりますのでご注意してください。オリジナルのアニメを作成していたり、パラパラ漫画風にコマ送りのアニメーションを作成している場合は、Fujibaba.comでどんどんダウンロード販売を行いましょう!せっかく作成したアニメは、さまざまな努力や、多大な時間がかかったはず!自分だけで楽しむのもいいでしょうが、お小遣い稼ぎ感覚でダウンロード販売もありだとは思いませんか?我こそはというクリエイターの方、Fujibaba.comでお待ちしております。


・ホームムービー、奇跡の瞬間

これは誰にでも起こりうることなのですが、ホームムービーを撮影していると、思わぬ爆笑シーンを撮影したり、衝撃的瞬間の撮影ができたり何てこともちらほらありますよね!中には、奇跡の瞬間を撮影する為に、ビデオカメラを設置し、何度も奇跡の一瞬を撮影する為にチャレンジして、やっと撮影できた奇跡の動画なんてのもあるはずです。中には、面白おかしくできた紙芝居を、動画に撮影してダウンロード販売したりも可能です。利用規約を守ってもらえば、どんな動画も、誰でも販売できるのがFujibaba.comなのです。そう!学生でも、主婦でも、サラリーマンでも、どんなに忙しく働いている人でも、どんなに暇を持て余している人でも、Fujibaba.comでは簡単にダウンロード販売ができるのです。


他には・・・

他には、もっともっとダウンロード販売できる動画はたくさんあります。

・講習動画(様々な勉強会やダイエット講座、料理教室動画にビジネス関連など多彩にあります。)
・観光地の疑似体験動画(行きたくても行けない観光地に疑似体験で行ける動画など)
・商用利用できる動画
・おもしろ広告用動画(無料での販売がおすすめ)
・今持っているあなたの動画


というように、無限大に販売できます。
Fujibaba.comでまずはダウンロード販売を体験してみましょう!


☆体験してみる☆
posted by Fujibaba at 18:02| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

おもしろ料理や絶品料理のレシピを販売

「食」
それは誰もが必要とし、生きていくうえで必要不可欠なものである!
という事で今回は、
食とデジタルコンテンツのコラボレーションは可能なのか?
をテーマに挙げていきたいと思います。!
 
o0800053512024208245.jpg

の前に間違い探しです!5つありますが、わかりますか??
 
食といいましても、幅広くあります。
探す、見る、食べる、作る、などなど様々なジャンルがあります。
 
探す
食を探すというのは、皆さんはよくされていると思います。
食べログやホットペッパーなどのクーポン雑誌、専門の雑誌などさまざまな場所で目にしています。
今日のランチ、今日のディナーをどこで食べようか?そんな時には便利ですよね!
 
しかし、まだまだ知られていない情報もたくさんあるのです。
 
誰が知ってるかというと・・・・地元の人!
取材だけではわからない地元情報はまだまだあります。
他には、好きなもの1品に絞っての情報などです。
これも取り上げてくれない情報ですよね!
 
その情報を自分でまとめて、PDFにしてしまえば簡単にデジタルコンテンツの出来上がり!
応用すると、観光スポットや夜景ポイントを示す地図なんかもデジタルコンテンツとして販売できますね。
 
 
見る
食を見ることは単純です。
材料のイラストや写真、食事の完成した写真、盛り付けの見本などなど、
そのまんまの見た目を表します。
食事をしている風景なども写真やイラストにすると、素材として利用できますよね!
盛り付けの見本集などを作成して、料理の教材でダウンロード販売できますね。
 
 
食べる
食べる、これはさすがにデジタルコンテンツとして実行はできないです。
しかし、これも様々な写真やイラストにするとどうでしょう?
HPやブログの素材として利用できますし、パンフレットや広告にも利用できます。
実際に食べることはできないですが、デジタルコンテンツにするとこんな使いかたがあります。
 
 
作る
作ることに関しては想像するだけでも山のようにデジタルコンテンツが作成できそうです。
まずは、料理を作成するレシピです。
オリジナル料理を作成する方にはもってこいですね!
作り方に、途中工程の写真を加えて、完成写真を載せるだけでレシピの完成です。
料理をまとめると、料理本として販売できますね!
 
料理を作るだけではなく、一風変わったキャラ弁当や、アート料理を作る方は多くいますよね!
追及に追及を重ねたテクニックをまとめると、オリジナル料理本の完成です。
 
さらには、作るというのは何も料理に限ることではありません。
 
農業をしている方は、料理にとってなくてはならない材料を作っているのです。
そんな方々から、おいしくつくる畑の野菜の本や、家庭菜園のプロがおすすめする15種の野菜集などがあれば、
失敗する事なく、おいしい材料を育てる事ができますね!
 
PDFにまとめて販売するのもよし!動画で撮影して販売するのもよし!
すごく応用がききますね!
 
という事で、食とデジタルコンテンツのコラボレーションは、視点を変えるとたくさんありますよね!
今回の内容は、私がパッと思いついた内容なので、皆さんが考えるともっともっとたくさんの内容があるはずです。
 
 
ここで、ちょっとした豆知識です。
日本女子ソフトボールを優勝へ導いたメンタルトレーナーで、脳科学の第一人者である西田先生は言います。
「かも」の法則!
できない
ではなく、
できる「かも」
のポジティブな「かも」をつけることで、
人は行動し、行動することで結果が変わる
という事なのです。
 
行動を最初からあきらめるのではなく、ポジティブな「かも」をつけて、行動してみましょう!
 
単純ですがその通りですよね!
 
Fujibaba.comで製品が売れる「かも」
 
Fujibaba.com  動画・静止画・ファイルのダウンロード販売・購入
 
最後に間違い探しの答えです。
posted by Fujibaba at 16:17| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

写真をzip(圧縮フォルダ)にして写真集を販売

パシャ!カシャ!

さて問題です。

何音でしょう?

 t02200164_0800059812022572832.jpg

皆さんわかりましたね?

そうです。カメラのシャッター音です。

カメラがない時代は何の音に聞こえたのでしょうかね?

 

それはさておき、

音だけでわかるほど身近にあるのが、写真ですよね!

誰もが思い出に残すため、たくさんの写真を撮影してきていると思います。

 

実はここだけの話なんですが、

写真が販売できるのってしってましたか?

あまり知られていないこの事実、

どの様に使用されているかといいますと、

・パンフレットや広告
・HPやブログ

簡単に書きましたけど、かなりの量が使われています。

素材として専門で販売している企業も山ほどあります。

 

しかし!

 

写真を販売できる方は、一握りの方なのです。

だから皆さんご存知なかったのですね!

誰もが撮影している写真なのに一握りの人しか販売できないのはプロのカメラマンだからという事なのですが、

プロ並みに撮影された1枚なんてのも持っている方は少なくないはずです。

そんな方の為に、

 

Fujibaba.comが完成されました!

 

写真を誰でも販売できるのです。

方法は簡単!

 

無料アカウント作成

無料製品出品

 

これだけです。

 

今回は写真集をピックアップしてみます!

 

まずは、旅行などに行った写真をフォルダにまとめます。

zip(圧縮)をします。(フォルダを右クリックして「送る」の中に「圧縮」があります)

 

あとは出品するだけ!

 

はやっ!

簡単っ!

 

でしょ?

 

製品を知ってもらうには、FacebookやTwitter、ブログなどを使って広めると効率的ですね!

 

販売されればもちろん利益がでます!

Fujibaba.comでは、専用のFujibabaポイントがあるのですが、

1ポイント=1円で交換ができるので・・・・

100万ポイントを貯めた時には・・・・

ぐへへへへ〜

 

おっと、変な笑いがでましたがそういう事です。

 

誰でも販売できるので、早いもの勝ちかも???

 

Fujibaba.com  動画・静止画・ファイルのダウンロード販売・購入

posted by Fujibaba at 17:18| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。